Wookieepedia
Advertisement
Blue-question-mark.png

この記事のタイトルは正式名称ではありません。

正式名称が不明のため、記事名に仮のタイトルが使われています。

この記事は部隊を扱っています。お探しの記事は部隊の初登場作品かもしれません。

銀河帝国の設立から間もない頃、ランパート中将が推し進めるウォー=マントル計画の一環として、帝国軍エリート分隊(Elite Squad)が設立された。帝国地上軍からクローン・トルーパーを廃止して徴兵制を導入したいと考えていたランパートは、銀河系各地から集めた優秀な兵士からなる分隊を試験的に組織し、クローン・コマンダーCT-9904“クロスヘアー”をその司令官に据えた。分隊は4名のエリート・スクワッド・トルーパーES-01ES-02ES-03ES-04によって構成された。[1]

クロスヘアーが司令官に任命された後、エリート分隊は惑星オンダロンソウ・ゲレラ反乱分子を殲滅する任務に送り出された。この任務はもともとクローントルーパーのエリート部隊クローン・フォース99に与えられたものだったが、彼らが任務を放棄したため、エリート分隊が後始末を任されることになったのである。ウィルハフ・ターキンはこの任務の成果によって、ランパートが選抜した兵士がクローン・トルーパーに代わる存在になりうるか否かを見極めるつもりだった。[1]

エリート分隊がオンダロンに到着した時、ソウ・ゲレラはすでにキャンプから姿を消していたが、彼らはそこにいたゲレラの兵士をあっという間に全滅させた。クロスヘアーは反乱分子が運び出そうとしていた難民殺害するようトルーパーに命じたが、ES-01は民間人の虐殺は任務に含まれていないと抗議した。しかしクロスヘアーはES-01をその場で処刑し、残った3人に虐殺を実行させた。隊員が1人欠け、ゲレラを取り逃がす結果となったにも関わらず、ターキンとランパートはオンダロンの任務の結果を好意的に捉えた。[1]

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement