Fandom


DLT-19重ブラスター・ライフル(DLT-19 heavy blaster rifle)はブラステック・インダストリーズ社が製造した重ブラスター・ライフルである。帝国軍ストームトルーパーが高い火力を必要とする戦場でこの武器を使用した。

特徴

DLT-19はブラステック・インダストリーズ社が製造した重ブラスター・ライフルで、長射程用の武器として使用された。[1] DLT-19は高い連射速度と遠距離の標的に対する破壊力を誇り、敵集団の足止めや撃破に有効だった。[4] しかし、単発やバースト射撃に比べフルオート射撃ではすぐに弾切れを起こすという欠点もあった。[1] また、このブラスターにはバイポッド(固定用の二脚)や折りたたみ式のストックが装備されており、安定した射撃が可能だった。DLT-19は耐久性に優れていたため、惑星タトゥイーンのような過酷な環境の人里離れた前哨基地で使うのにも適していた。[2]

DLT-19にはDLT-19D重ブラスター・ライフルDLT-19xターゲティング・ブラスター等のバージョンも存在した。

歴史

HanSolo DLT-19 blaster rifle

ストームトルーパーに変装し、DLT-19を装備したハン・ソロ

DLT-19重ブラスター・ライフルは銀河帝国ストームトルーパーが高い火力を必要とする戦場で使用した。また過酷な環境下での使用にも適していたため[2]、タトゥイーンではサンドトルーパーの部隊がこの武器を装備していた。[3] 他にもマグマ・トルーパーシャドウ・トルーパーインペリアル・ショック・トルーパーなど、ストームトルーパー兵団のさまざまな兵士がこの武器を使用した。[4] 帝国軍以外でも、狙撃の仕事を請け負った賞金稼ぎもこの武器を好んで使用し[2]銀河内戦では共和国再建のための同盟の兵士が使うこともあった。[4]

0 BBY密輸業者ハン・ソロデス・スターでストームトルーパーに変装した際にDLT-19重ブラスター・ライフルを装備した。ソロはルーク・スカイウォーカーチューバッカとともにプリンセスレイア・オーガナが収監されている監房ブロックAA-23へ向かったが、そこで帝国軍将校やトルーパーと銃撃戦になった。その際ソロはDLT-19を丸腰のチューバッカに渡し、自身は敵から奪ったE-11ブラスター・ライフルで応戦した。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。