Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

DUMシリーズ・ピット・ドロイド(DUM-series pit droid)はナブーの侵略以前にサーヴ=オー=ドロイド社が開発した修理ドロイド銀河共和国WAC-47もこのタイプのドロイドだったが、パイロットとしてプログラムされていた。

特徴

ポッドレーサーエンジンやコックピットの修理に使用されていたDUMシリーズ・ピット・ドロイドは、自分たちより何倍も重い物を持ち上げることができた。安価な消耗品として使用され、作動中の過熱したエンジンを躊躇することなく修理した。未使用時にはコンパクトに折り畳まれた状態になった。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。