Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

DUMシリーズ・ピット・ドロイド[1](DUM-series pit droid)はサーヴ=オー=ドロイド社製の修理や簡単な工事作業用の労働ドロイド惑星サイリリアで原住民のサイリリアンによって組み立てられた。

特徴

PitDroids CVD

2体のピット・ドロイド

ピット・ドロイドは1.19メートルと比較的小さく、様々なカラーリングが存在した。このドロイドの最大の特徴は自分たちよりも大きく、重いものを運べることにある。また、ピット・ドロイドは迅速に仕事をこなすようプログラムされていた。そのためポッドレーサーの整備作業でもピット・ドロイドは役立っていた。

だが、ピット・ドロイドはしばしば大きな損害を出すこともあった。このドロイドは放置されるとすぐに混乱してしまい、トラブルの種になってしまうのだ。だが、ピット・ドロイドの"鼻"にあたる部分を押すことでドロイドの機能は停止し、ドロイドの手足は折りたたまれてコンパクトに収納される。この状態ならトラブルは発生しない。だが、咄嗟に機能を停止できなかった場合に備えて、手元にドロイドの機能を停止するためのイオン・ブラスターを備えていた所有者もいた。

機能停止の際に押す"鼻"は実際には視覚センサーである。また、円盤状に広がったプレートは工具の落下から頭部を守るためにあった。さらに頭部から伸びていたアンテナは他のピット・ドロイドと交信するために取り付けられていた。だが、このドロイドが作業をし続けるには、高出力の動力システムをこまめに充電する必要があった。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。