Fandom


「自由だ」
―DV-4D4[出典]

DV-4D4、もしくはDVD-4D4帝国時代惑星ケッセルスパイス鉱山パイク・シンジケート奴隷として働かされていたDVスーパーバイザードロイドである。10 BBYトバイアス・ベケットギャング団パイクの未精製コアクシウム強奪するためケッセルにやってきた時、DV-4D4は鉱山コントロール・センターに居合わせた。ベケットのクルーの一員であるドロイドL3-37アドミンメク・ドロイドDD-BD制御ボルトを外したことがきっかけとなり、鉱山のドロイドが次々と奴隷状態から解放されていった時、DV-4D4も自由を手に入れた。その際、身のうちに湧き上がる野心に駆られたDV-4D4は、コントロール・センターのボタンを押し、ドロイドのみならず知覚生物拘束具から解放して、シンジケートに対する大規模な奴隷反乱を引き起こした。

経歴

男性プログラムの[2] DVスーパーバイザードロイド[1]、DV-4D4は[3] 帝国時代惑星ケッセルにあるスパイス鉱山で、犯罪組織パイク・シンジケート奴隷として働かされていた。このドロイドは[2] カポクエイ・トルサイトの監督下にある[4] コントロール・センターに配属され[2]、室内に設置されたモニター・バンクを通して、スパイス鉱山で働く囚人や、発掘された鉱石を絶え間なく監視する役目を与えられていた。[4]

DV-4D4 and GB-BD

GB-BDによって解放されるDV-4D4

10 BBY[4]、犯罪組織クリムゾン・ドーンの仕事を請け負ったトバイアス・ベケットギャング団が、スパイス鉱山に保管されている未精製コアクシウム強奪するためケッセルにやってきた時も、DV-4D4はコントロール・センターで働いていた。トルサイトがギャング団の変装に騙され、“通商ルート割り当ておよび収益化連合副提督付き行政次官補オクサナ・フローレン”を自称するクリムゾン・ドーンの副官キーラと、護衛に扮したベケット、ドロイドのL3-37を連れてコントロール・センターに入ってきた時、DV-4D4は[2] パワー・ドロイドMPH-11[4] の隣のコンソールに移動するためドアの前を歩いていた。[2]

その後、ベケットのクルーはトルサイトを殺し、コントロール・センターを制圧した。ドロイドたちは管理者たちが死んでも黙々と作業を続けていたが、L3-37が[2] WDDアドミンメク・ドロイドDD-BD[4]制御ボルトを外し、ほかの“きょうだいたち”を解放するよう告げると、自我に目覚めたドロイドによって、次々と奴隷状態のドロイドが解放されていった。DV-4D4は、先に自由を手に入れた[2] GBアドミンメク[1] GB-BD[4]に制御ボルトを外してもらい、シンジケートの支配下から抜け出した。周囲のドロイドが破壊行為を行う中、DV-4D4は「自由だ」と呟きながらコンソールにあるい大きなボタンを押し、鉱山で働いている知覚生物の奴隷の拘束具を解除した。[2] その結果、のちに“ケッセルの奴隷反乱”と呼ばれることになる暴動が巻き起こり[5]、解放された生物と機械の奴隷が鉱山のハンガー・ベイへなだれ込んだ。[2]

個性と特徴

DV-4D4 freedom

生物の奴隷を解放するDV-4D4

DV-4D4は2歩行のヒューマノイド[2] 監督ドロイド[1] であり、頭部に青白く輝くセンサーを備えた。DV-4D4のボディは茶色に塗装され、顔面部と胴体の一部に黄色いマーキングが入っていた。ケッセルで酷使されていた他のドロイドと同じく、DV-4D4にも[2] パイク・シンジケートによって業界で最も強力なタイプの制御ボルトが取り付けられ、自由を抑制されていた。[4]

アドミンメク・ドロイドGB-BDのおかげで自由を取り戻した後、DV-4D4は身のうちに沸きあがる野心を初めて実感し、ドロイドだけでなく生きた奴隷を解放するためにコンソールのボタンを押した。[5]

制作の舞台裏

DV-4D4は2018年公開のアンソロジー映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。[2] Toppsから発売された『ハン・ソロ』のトレーディング・カードで初めてDV-4D4という名称が判明した。[3] ムア・ラファティによる『ハン・ソロ』の小説版では名称がDVD-4D4となっているが、翻訳版ではDV-4D4に訂正されている。[5]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。