Fandom


FE-B3、通称フィー=ビー(Fee-Bee)は銀河共和国時代後期にハドレックス・ギャング通訳として働いていたプロトコル・ドロイドである。ナブー危機以前、FE-B3の乗る貨物船衛星ナー・シャッダキャド・ベイン賞金稼ぎグループによって攻撃された。犯罪王ゼヴ・エレクサスに関する情報を求めていたベインたちは、貨物船に居合わせたギャングを全員殺害し、プロトコル・ドロイドだけを生け捕りにした。シス卿ダース・モールチャドラ=ファンの賞金稼ぎトルー=トリル=テク拷問されたFE-B3は、エレクサスが主催するオークション開催場所の情報や認証コードを彼らに提供した。その後FE-B3は賞金稼ぎグループによってオークション会場のドラズケル星系へ連れて行かれる。グループの乗る宇宙船がドラズケルの月に落下した後、用済みとなったFE-B3はモールのライトセーバーで破壊された。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。