Fandom


「品物を見ていかないか? 最高級のチタンがあるぜ。お宅のサーキーット・ボードより長持ちすることは請け合いだ。なあ、値段が問題だったら思い切って6クレジットまけてやってもいい」
R2-D2に対し、GL販売ドロイドのGL-916[出典]

GL販売ドロイド(GL vendor droid)[1]ショップキーパー・ドロイドのモデルである。[2] もともとはプロトコル・ドロイドであるこのモデルは[11]、客への媚びへつらう態度や、客を満足させたいという欲求をプログラムされていた。[10]

制作の舞台裏

GL販売ドロイドはTVシリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズシーズン2の第14話、『狙われた女公爵』で初登場を果たした。同シリーズのエピソード・ガイドでは単に「ショップキーパー・ドロイド」として紹介されている。[2] 2018年、GL販売ドロイドはアンソロジー映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場して実写化され[8]、翌2019年には、公式YouTubeチャンネル Star Wars Kids の動画「Every Droid in Star Wars」で初めて「GL販売ドロイド」という機種名が紹介された。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。