Fandom


GL-0T15帝国時代クリムゾン・ドーンが使用していたいボディのGL販売ドロイドである。もともとショップキーパー・ドロイドだったが、ドライデン・ヴォスが所有するヨットファースト・ライト>で接客係として働いていた。

経歴

GL販売ドロイド[1] のGL-0T15は帝国時代ドライデン・ヴォス率いる犯罪組織クリムゾン・ドーンに仕えていた。ヴォスが所有するスター・ヨットファースト・ライト>で接客係を務め、ゲストをドッキング入り口から上階のラウンジやオフィスへ運ぶ主要ターボリフトを運転した。[2] 10 BBY、クリムゾン・ドーンの手先であるトバイアス・ベケットハン・ソロチューバッカ惑星ヴァンドアに寄港中の<ファースト・ライト>にやってきたときも、GL-0T15はリフトに配属されていた。[3]

個性と特徴

GL-0T15はいボディのドロイドで、ヒューマノイド型の外見をしていた。GL-0T15は販売ドロイドとして媚びへつらう態度や客を満足させたいという欲求をプログラムされており、その特性を活かして<ファースト・ライト>の接客係を任されていた。GL-0T15は武器スキャナーを一揃い装備しており、頭部の短距離センサー・モジュールでエネルギー武器や化学武器を探知することができた。[2]

制作の舞台裏

GL-0T15は2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するドロイドである。名称はパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』で明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。