Fandom


「兵器を装備しています!」
「中尉、落ち着きなさい。スターホッパーに搭載できる兵器など――」
ニルス・トスウィン中尉レイ・スローネ[出典]

HH-87スターホッパー(HH-87 Starhopper)は主にハット・クランを始めとする犯罪者たちによって使用されたスターファイターである。HH-87スターホッパーは長距離を航行できる1人乗りの戦闘機で、追跡任務やパトロール任務に適していた。クローン戦争期、ハットザイゲリアン奴隷帝国シャドウ・コレクティヴといった犯罪勢力がこの戦闘機を使用した。

特徴

HH87Starhopper2-SWE

翼を折りたたんだスターホッパー

HH-87スターホッパーは長距離の航行が可能な1人乗りのスターファイターである。全長は6.8メートルで、翼長は13.59メートル、高さは4.5メートルあった。この戦闘機の設計にはハット犯罪帝国の影響が色濃く表れており、頑丈な船首や露骨な装甲プレートにはハットの攻撃性が反映されていた。HH-87スターホッパーの外側のスタビライザー翼は垂直に折りたたむことで着陸スペースを少なくでき、両翼の基部には2連レーザー砲が搭載されていた。また、ハット所有のスターホッパーは翼に所属を示す紋章が入っていた。[1]

役割

HH-87スターホッパーは主にハット・クランによって使用され、彼らの母星であるナル・ハッタのパトロールに利用されていた。また、ハットはこの戦闘機を使って強情な債権者を追跡することもあった。[1] この戦闘機はハット以外にもアウター・リム・テリトリーで活動する密輸業者や[2]、さまざまな犯罪勢力に好んで使用された。ザイゲリアン奴隷帝国もスターホッパーを複数保有し、惑星カダーヴォに設けられたカダーヴォ奴隷矯正施設の警備に使用していた。[5]

歴史

Z-95 vs Starhopper

Z-95スターファイターを攻撃するスターホッパー

クローン戦争中の20 BBYザイゲリアン奴隷帝国が所有する2機のHH-87スターホッパーが銀河共和国との戦いに使用された。ザイゲリアン・ロイヤル・ガードがスターホッパーに乗り込み、カダーヴォ奴隷矯正施設に攻め込んできた共和国グランド・アーミーウルフパック部隊を迎撃した。ザイゲリアンのスターホッパーはクローン・トルーパー・パイロットの乗るZ-95スターファイターを苦しめたが、2機ともジェダイ・マスタープロ・クーンデルタ7Bイーサスプライト級軽インターセプターによって撃墜された。[5]

帝国時代デヴァロニアンの密輸業者ゲヴ・ヘッサンは<ローヴァー>という船名のHH-87スターホッパーを所有していた。帝国の記録によればヘッサンは4 ABY以前に死亡しており、<ローヴァー>は新共和国の所有物となった。この年、新共和国のウェッジ・アンティリーズはヘッサンの肩書と<ローヴァー>を使用し、アウター・リムの偵察任務を行った。彼はスターホッパーなら辺境の密輸業者の宇宙船に見せかけるのに好都合だと考えたのである。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。