Fandom


HURID-327タコダナの戦いが始まる直前に、惑星タコダナにある海賊マズ・カナタを離れた陽気なロードリフター・ドロイドである。

経歴

エンドアの戦いの30標準年後、HURID-327は惑星タコダナにあるマズ・カナタから立ち去った。城から出る際、HURID-327は密輸業者ハン・ソロ廃品回収業者レイストームトルーパーの脱走兵フィンアストロメク・ドロイドBB-8たちとすれ違った。

個性と特徴

HURID-327は赤いプレートのロードリフター・ドロイドだった。2足歩行の脚は重さを分散させる働きを持ち、2本の腕は運搬支持用のジョイントや頑丈な工業用マニピュレーターを備えていた。中央のボディはジャイロスタビライザーで安定を保ち、正面部分にはバイナリー音響信号装置が備わっていた。両肩には平衡力生成用の円盤状リパルサー・アンカーが取り付けられており、左肩の円盤の方が右肩よりもやや大きかった。

制作の舞台裏

HURID-327は映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』に登場したキャラクターである。そのビジュアルは映画公開の2か月前に公開された最初の予告編で初めて紹介された。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。