Fandom


ID9シーカー・ドロイド(ID9 seeker droid)、通称パロット・ドロイド(Parrot Droid)、ミミック・ドロイド(Mimic Droid)はアラキッド・インダストリーズ社が製造したシーカードロイドのモデルである。ヤヴィンの戦い以前、銀河帝国に仕える尋問官たちが使用した。

特徴

ID9 seeker droid

ID9シーカー・ドロイド

アラキッド・インダストリーズ社製ID9シーカー・ドロイドはより大型のヴァイパープローブ・ドロイドに似ていた。ID9は円盤状のドーム型ボディに赤いフォトレセプターを持ち、4本の収納式アームを備えていた。ID9はリパルサーリフトで移動したが、脚を使って這うこともあった。ID9の電気ショック・プロッドは有機体に危害を与え、機械装置類を不能にする効果を持っていた。ID9は別のドロイド・モデルが発する機械音を模倣することができた。

歴史

銀河帝国に仕える尋問官セヴンス・シスタージェダイの標的を追う際にID9シーカー・ドロイドの小規模な部隊を利用した。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。