Fandom


IG-RM護衛及び執行ドロイド(IG-RM bodyguard and enforcer droid)はホロワン研究所が製造したIGシリーズセキュリティ・ドロイドギャングたちの手下として利用されていた。銀河帝国時代アウター・リム・テリトリー惑星ロザルで活動した犯罪王シカトロ・ヴィザーゴは、かなりの数のIG-RMドロイドを所有していた。

特徴

ホロワン研究所が製造したIG-RM護衛及び執行ドロイドは、IG-100マグナガードと同じ系統に属すサグ(暴漢)・ドロイドだった。アサシン・ドロイドよりも安定的で、所有者に頻繁に指示を求める傾向にあり、同シリーズの他のモデルよりも荒っぽさが少なかった。IG-RMは攻撃型セキュリティ・ドロイドとして活躍し、DLT-18レーザー・ライフルで武装していた。[1] また、IG-RMはランドスピーダー操縦することができた。[2]

歴史

IG-RMドロイドは地下世界の組織で広く利用されていた。銀河帝国の時代、アウター・リム・テリトリー惑星ロザルブロークン・ホーン・シンジケートを率いていた犯罪王シカトロ・ヴィザーゴは多数のIG-RMを所有した。派手な塗装を施されたヴィザーゴのIG-RMは、遠隔管理されながら苛酷な重労働や戦闘、警備のために使用されていた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。