Fandom


IGV-55監視船(IGV-55 surveillance vessel)、別名帝国哨戒船(Imperial listener ship)、ゴザンティ級諜報船(Gozanti-class espionage ship)はコレリアン・エンジニアリング社が製造した銀河帝国の諜報、監視、偵察用スターシップである。

特徴

IGV-55監視船[2]、別名ゴザンティ級諜報船はコレリアン・エンジニアリング社によって製造された諜報用のスターシップである。IGV-55の全長は64メートル(209フィート11インチ)で、最高速度は速900キロメートル(559マイル)、クラス1のハイパードライブを搭載し、重レーザー砲2門で武装していた。船体の上部に巨大なセンサー・アレイと長距離通信ディッシュを備え、船体前部に眺望および司令デッキ、後部に改造型エンジン4基が配置されていた。IGV-55監視船のディッシュは何光年も離れた全方向の通信を傍受することができ、エンジンは対センサー用外殻に入れられていた。船体の中心には巨大なデータベースが組み込まれ、何百万ヨタバイトものデータを記録することができた。[1]

歴史

IGV-55監視船は銀河帝国の監視、諜報、偵察船として用いられ、反乱運動を兆候を見つけるために通信の監視やデータのスキャンを行った。[2] 帝国宇宙軍には加わらず、通常の宇宙交通網から離れた深宇宙に配置されることが多かった。IGV-55は強力な受信機を使って得た情報をスキャンし、帝国にとって有益な情報を探した。[1]

2 BBY当時、コントローラーLT-319率いる帝国情報局のメンバーがIGV-55監視船で諜報活動を行っていた。この宇宙船には長距離から信号の送受信や傍受ができる強力なシグナル・アレイが備わっていた。LT-319の指揮のもと、彼らは反乱者アストロメク・ドロイドチョッパーをハッキングし、このドロイドを利用してフェニックス戦隊秘密基地の場所を特定しようとした。しかしチョッパーの持ち主であるヘラ・シンドゥーラがハッキングに気づき、大量のデータ・サージを逆送信することで、LT-319の監視船を過負荷状態にして破壊した。[3]

制作の舞台裏

IGV-55監視船はスター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3の第19話『二重スパイ・ドロイド』で初登場を果たした。[3] 標準的な帝国軍貨物船に巨大なセンサーとアンテナを取り付けたデザインになっており、現実世界のAWACS(早期警戒管制機)からインスピレーションを得ている。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。