Jタイプ・スター・スキッフ(J-type star skiff)、通称ナブー・スター・スキッフ(Naboo star skiff)はシード宮殿宇宙船工学部隊が製造したヨットである。ナブーアパイラナ女王のために製造され、元女王であるパドメ・アミダラ元老院議員もこの宇宙船をクローン戦争期に使用した。Jタイプ・スター・スキッフはナブー王室のロイヤル・スターシップとしては初めて、武器を搭載していた。

特徴

Jタイプ・スター・スキッフはシード宮殿宇宙船工学部隊によって製造されたナブー王室ヨットである。この宇宙船の船体に使われているクロミウムは研磨されておらず、ナブー王室の伝統的な光り輝く宇宙船と比べ、より実用的なくすんだ仕上がりになっていた。またJタイプ・スター・スキッフはナブー王室のロイヤル・スターシップとしては初めて武器を搭載しており、2門のレーザー砲で武装していた。この宇宙船の最高速度は速1,050キロメートルで、クラス0.5のハイパードライブを搭載していた。[1]

歴史

Jタイプ・スター・スキッフはナブーの君主であるアパイラナ女王のために設計・製造されたが、元女王であるパドメ・アミダラ元老院議員もこの船を使用した。スター・スキッフは王室の船でありながら、クローン戦争の厳しい現実を鑑み、やむを得ず武器を搭載したデザインになった。[1]

制作の舞台裏

スター・ウォーズ ビークルのすべて』で、Jタイプ・スター・スキッフはクローン戦争の終盤にアパイラナ女王のために設計・製造されたと説明されているが、戦争序盤を描く映画『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』に登場していることと矛盾する。

登場エピソード

ナブー・スター・スキッフ

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。