Wookieepedia
Advertisement

J9ワーカー・ドローン(J9 worker drone)は昆虫のような大きなセンサーと尖った顔が特徴的なドロイドのモデルである。惑星タトゥイーン犯罪王ジャバ・ザ・ハット宮殿で働いていたBG-J38などが知られる。

歴史

銀河内戦の時代、J9ユニットの[2] BG-J38[3]ハット犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレに仕え、惑星タトゥイーンにある宮殿で働いていた。4 ABYウーキーチューバッカが宮殿に連れてこられた時、BG-J38はジャバの謁見室で作業をしていた。[2]

34 ABY以前、トレジャー・ハンターのズール・ゼンディアット率いる犯罪集団ゼンディアット・コレクティヴは、宝の地図を記録している古いJ9ユニットを手に入れるため、惑星ジャクーを訪れた。彼らはニーマ・アウトポストを襲撃してアンカー・プラット誘拐したが、プラットがゴミ漁りから入手したのはJ9ユニットのボディだけであったことが判明した。最終的にプラットは、J9の頭部を所有するゴミ漁りのレイによって救出された。プラットと一緒に逃げ出した際、レイはこれ以上のトラブルを避けるためJ9ユニットの頭部をゼンディアットたちに投げ渡した。彼女は事前にJ9ユニットの頭部をチェックし、メモリーが傷んで空っぽであることを確認していたが、ゼンディアットたちは満足してジャクーを去った。[4][5]

登場作品

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement