Fandom


「JN-093、確認せよ。きみの部隊はまだ地表にいるのか」
「はい。今も迎えを待っております。」
「すまない、093。しばらくそこで待機してもらうことになる。ただ――本当にすまなく思っている」
―JN-093と上官の会話[出典]

JN-093人間女性で、銀河帝国に仕えたストームトルーパーである。0 BBY当時、彼女は衛星ジェダに配属され、JN-092JK-027たちから成る部隊の指揮を取っていた。ジェダの反乱のさなか、JN-093の部隊は反乱者の潜伏地とおぼしき場所の調査に派遣された。間もなく、デス・スタースーパーレーザーの試し撃ちが行われることになり、ジェダにいる帝国軍引き揚げが始まったが、偵察任務に出ていたJN-093たちは地上に取り残されてしまった。スーパーレーザーがジェダ・シティに向けて発射され、衝撃波が部隊のいる場所まで到達した際、JN-093は苦痛に満ちた最期を迎えた。[1]

オーソン・クレニック長官はジェダの帝国軍の3パーセントが地上に取り残されていることを把握していたが、スーパーレーザーの実験成功によって得られる総合的勝利と比べれば、その程度の損失は許容範囲内だと判断した。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。