「ところでこいつは何なんだ?」
「さあな。モフが食いたいのかも。何も聞くな」
AP-1982の質問に答えるJS-1975[出典]

JS-1975銀河内戦以降の時代にモフギデオンが率いる帝国軍残存勢力に仕えていたスカウト・トルーパーである。9 ABY当時、彼は惑星ネヴァロに配属され、同僚AP-1982とともにの入り口で見張りを任されていた。ギデオンが街でディン・ジャリンらを包囲した際、トルーパーJS-1975とAP-1982はジャリンの仲間であるアグノートクイールを殺し、“ザ・チャイルド”を奪うことに成功したが、子守ドロイドとして再プログラムされたIG-11によって倒されてしまった。

制作の舞台裏

JS-1975は2019年12月18日に動画配信サービス Disney+ で配信が始まった、実写TVシリーズ『マンダロリアンシーズン1の『チャプター7:罰』で初登場を果たし[2]、その次の『チャプター8:贖罪』にも登場した。チャプター8でこのキャラクターを演じた俳優はジェイソン・サダイキスであり、役名はバイク・スカウト・トルーパー#1(Bike Scout Trooper #1)とクレジットされている。[3] (チャプター7では役名・俳優ともにクレジットされていない) [2] なおJS-1975という識別番号は2020年にモバイル・ゲーム『スター・ウォーズ/銀河の英雄』で判明した。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。