Fandom


KR2-M80パイク・シンジケートによって酷使されていた、黄と白のボディのR2シリーズ・アストロメク・ドロイドである。10 BBY当時、KR2-M80は他の多くのドロイドと一緒に惑星ケッセルスパイス鉱山で働かされていた。トバイアス・ベケットギャング団が鉱山を訪れて暴動を引き起こしたときも、KR2-M80はその場に居合わせた。

経歴

インダストリアル・オートマトン社によって製造された[1] R2シリーズ・アストロメク・ドロイドのKR2-M80は、帝国時代に犯罪組織パイク・シンジケートによって酷使され、アウター・リム惑星ケッセルにあるスパイス鉱山で働かされていた。パイクのもとで働くドロイドたちには休みが与えられず、有害物質を扱うにも関わらず、オイル・バスに入ることすらできない過酷な環境だった。[2] 10 BBYトバイアス・ベケットクルーがパイク・シンジケートの未精製コアクシウム強奪するためケッセルにやってきた。クルーのメンバーであるL3-37は鉱山で働かされていたドロイドの制御ボルトを外し、奴隷状態から解放されたKR2-M80たちは持ち主に対する反乱に参加した。[3]

個性と特徴

KR2-M80はR2シリーズのアストロメク・ドロイドで、ボディカラーは白と黄色、ドーム部分が銀色だった。このドロイドはインテレックスIVプロセッサーを搭載していた。[2]

制作の舞台裏

KR2-M80は2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するドロイドである。名称はパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』で判明した。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。