Fandom


LINデモリッションメク自律型機雷敷設装置(LIN demolitionmech autonomous minelayer)はドーム型のボディを持つ鉱業用のドロイドである。岩やデブリを除去するために用いられた。

特徴

LINデモリッションメク自律型機雷敷設装置は岩やデブリを排除するための機雷設置を目的としたマイニング・ドロイドである。黒いドーム型のボディを持ち、全高は0.56メートルだった。LINデモリッションメクは戦場における機雷敷設にも用いられることがあり、誤爆に備えて保護用シェルを備えていた。

歴史

0 BBY当時、惑星タトゥイーンに住むジャワ部族のサンドクローラーLIN-V8Kという名前のLINデモリッションメク自律型機雷敷設装置が保管されていた。反乱同盟ドロイドR2-D2C-3POが同じジャワ部族に捕まり、ラーズ農場の前で売りに出されたとき、LIN-V8Kも商品としてサンドクローラーの外に並べられた。しかし水分農夫オーウェン・ラーズが購入したのはLINユニットではなくR2-D2とC-3POだった。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。