Fandom


LM-432クラブ・ドロイド(LM-432 crab droid)は銀河共和国クローン・トルーパーから“マックラッカー”(Muckraker)と呼ばれていたテクノ・ユニオン製のドロイド・タンクである。独立星系連合クローン戦争で使用した。6本の脚で移動し、鉤爪とブラスター砲で敵を攻撃した。

特徴

テクノ・ユニオンが製造したLM-432“マックラッカー”クラブ・ドロイドは、中央の胴体部分に6本の脚を持つドロイド・タンクである。ぬかるんだ地形を進む際に威力を発揮し、6本脚ででこぼこな場所も安定してよじ登ることができた。[1] 脚はアーマープラスト・シールディングの装甲で覆われており[3]、鉤爪が取り付けられていた。脚の先の歯は急勾配の傾斜を登る際にも役立ったが、敵の装甲車両を打ち抜く武器としても効果的だった。顔面部分には赤いフォトリセプター(光受容体)が3つあり、通信アンテナで司令官と交信した。クラブ・ドロイドはボディの下にある2門のブラスター砲を広範囲の威嚇に使用した。クラブ・ドロイドは中央プロセッサー部分が弱点だった。[1]

歴史

クラブ・ドロイドは銀河共和国の衰退期にテクノ・ユニオンによって製造された。クローン戦争中、独立星系連合分離主義勢力ドロイド軍を構成した。マラステアの戦いウータパウの戦いに参加した。

登場エピソード

参考資料

脚注

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - ハードセル級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ナンテックス級 - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ベルブラブ22 - ローグ級スターファイター
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。