Fandom


「BZが仲間のため自らを犠牲にしたことは決して忘れてはならん。それは彼が最良の兵士であった証だ」
―ミーバー・ガスコン[出典]

M5-BZジェダイ・マスターテラ・シヌーベが所有したR4シリーズアストロメク・ドロイドクローン戦争中、D分隊のメンバーに選出されたM5-BZはドクターグーバッカーによってメモリー・バンクを除去され、ミーバー・ガスコン大佐用の司令塔に改造された。任務遂行中、M5-BZは仲間を救うため自らを犠牲にした。

経歴

Gascon's Command Center

M5-BZの頭部に乗り込んだガスコン

クローン戦争中、M5-BZはドロイドによって構成されるD分隊の隊員に選ばれ、ジェダイ・テンプル研究所で改造を受けた。分隊の他のアストロメク・ドロイドは各自特別な新機能を与えられたが、M5-BZだけはメモリー・バンクを取り外され、ミーバー・ガスコン大佐の司令塔に改造された。暗号化モジュールを奪取するため独立星系連合ドレッドノートに潜入した時、M5-BZは艦内のドアを開けるのに失敗して回路がショートしてしまった。ガスコンは止むを得ずしばらくの間U9-C4の頭に乗って移動した。モジュールを手に入れた後、D分隊のメンバーは故障したM5-BZを回収し、逃走用シャトルの船内で修理した。

シャトルの故障で惑星アバファーに足止めを食らった後、D分隊は分離主義者が鹵獲したヴェネター級スター・デストロイヤーに乗り込んだ。M5-BZはバズ・ドロイドの大群から仲間を救うため艦内のエアロックを開き、敵をハイパースペースへ放り出した。BZ自身も船外に吸い出されたが、D分隊はBZの自己犠牲のおかげで任務を続行することができた。

制作の舞台裏

真実の行方』に登場するMR-T3はM5-BZの3Dモデルをベースにしている。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。