Fandom


MD-15C医療ドロイド(MD-15C medical droid)はレジスタンスが使用した医療ドロイドのモデルである。

特徴

MD-15Cは白いボディのヒューマノイド医療ドロイドで、顔は患者に恐怖感を与えないデザインになっていた。このドロイドの肘の関節はモジュール付け替え用ソケットになっていた。[1]

歴史

34 ABY当時、レジスタンスMC85スター・クルーザーラダス>の個人用医療スイートにMD-15C医療ドロイドが少なくとも1体乗り込んでいた。[1] ファースト・オーダーによる攻撃レイア・オーガナ将軍が負傷した際、MD-15Cが医療スイートで彼女の手当をした。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。