この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

MSE-6と人間』(原題:Of MSE-6 and Men)はアンソロジー『ある視点から見た物語』に収録されている短編小説である。作者はグレン・ウェルドン

あらすじ

デス・スターに配属されたストームトルーパーTK-421は、自身が所有するマウス・ドロイドMSE-6-G735Y(通称G7)の前で今の仕事への愚痴をこぼした。彼はデス・スターのメンテナンス部門などではなく、コルサントの快適な職場で働きたいと願っていたのだ。ある時、G7はホロレコーダー装置に異常をきたし、とある高階級将校の前でTK-421の愚痴を再生してしまった。しかし高階級将校は若きトルーパーのホログラムに一目惚れし、マウス・ドロイドが2人の男性の恋の橋渡し役をすることになった。

制作の舞台裏

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物

動物

ドロイドの機種

出来事

地名

組織と称号

種族

乗物

技術と武器

その他

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。