NKウィテル級貨物船(NK-Witell-class freighter)は銀河内戦終結の十数年後に使用されるようになったサナー=ウィテル社製の貨物船

特徴

サナー=ウィテル社製NKウィテル級貨物船は、最小乗員2名で運用することができた宇宙船である。乗客を12名乗せることができ、最大75トン、通常は50トンまでの貨物を運んだ。クラス3のサナー型67ハイパードライブを搭載し、亜光速エンジンはホーシュ=ケッセル・ドライブ社モデル・アルファだった。[1]

歴史

NKウィテル級貨物船が一般的に使用されるようになったのは、エンドアの戦いの13後のことだった。ファースト・オーダーレジスタンス紛争を繰り広げていた頃、137,417機が使用されていた。そのうちの1機、<イージラ・ザイド>は自由貿易商人たちに利用され、メナー=ダエコーポレート・セクターなどを行き来した。この船はミリン宙域ファースト・オーダー襲撃を受け、ハイジャックされる。[1]

制作の舞台裏

NKウィテル級貨物船は映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』の直前を描くジュニアノベル『フォースの覚醒前夜 ~ポー・レイ・フィン~』に登場する宇宙船の型式である。また、同作の一部を原作にしたストーリーブック『Poe and the Missing Ship』で初めてビジュアル化された。

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。