Fandom


「ああ、見つけました。異常な物、あってはならない物を。爆心地から大量に飛び散っています。非常に危険な特性を持ったナノ単位のドロイドで覆われています」
ルソーISC[出典]

NM-Kリコンスティテューター(NM-K reconstitutor)、別名ナノ=ドロイド(Nano-droid)は兵器として用いられた超微小ドロイド食べ物などを通して摂取させれば、人を生きた爆弾として利用することも可能だった。

歴史

ジェダイ・テンプル格納庫で働いていた武器弾薬の統括責任者ジャッカー・ボウマーニはナノ兵器のスペシャリストだった。クローン戦争の終盤、ジェダイの戦争活動に反対する活動家レッタ・ターモンドは、夫であるボウマーニの体にナノ=ドロイド爆弾を仕込み、テンプルで爆破事件を起こした。犯罪現場分析ドロイドルソーISCは残骸に付着していたナノ=ドロイドを発見し、ボウマーニが“生きた爆弾”として何者かに利用されたことを突き止めた。その後、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノボウマーニのアパートメントでナノ=ドロイドを発見し、ターモンドを逮捕した。

登場エピソード

Nano-droids

ナノ=ドロイド

参考資料

脚注

関連項目

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。