Fandom


O-66シスの暗黒卿ダース・シディアスに仕えたパイロット・ドロイドである。帝国時代帝国施設729-Dで改造型スター・クーリエシミター>を管理していた。

経歴

帝国時代、O-66は皇帝ダース・シディアスが所有する改造型スター・クーリエシミター>の管理人兼パイロットを務めていた。シディアスの個人用ヨットインペリアリス>が盗まれる事件が起きた際、賞金稼ぎチャナス・チャがヨット奪還任務に雇われた。皇帝はチャに<シミター>を貸し与え、O-66はインナー・リム帝国施設729-Dで賞金稼ぎと対面した。O-66は船内を紹介して回ったが、用心深いチャは船を動かす前にドロイドの首を胴体からもぎ取った。[1]

チャはO-66の頭部を操縦席の近くに置き、帝国施設から飛び立った。深宇宙で<インペリアリス>を発見すると、チャは<シミター>を離れてヨットに潜入した。チャはO-66の頭部の近くにパルス爆弾を設置しておき、船の制御コードを送信しなければ爆弾を遠隔操作で起爆すると脅した。O-66から入手したコードを使い、チャは<インペリアリス>の脱出ポッドの機能を停止させ、泥棒たちの退路を断った。しかし、泥棒の正体はチャの旧友ランド・カルリジアンだった。カルリジアンは船内に保管されていたシス遺物のせいでトラブルに陥っており、チャは船ごと破壊して問題を解決するため自爆装置を起動した。自爆のカウントダウンが始まった後、チャはO-66に連絡を取り、<シミター>を<インペリアリス>にドッキングさせるよう命じた。しかしO-66は間もなく自爆するヨットに近づくのは危険だと答え、命令を拒否した。チャはパルス爆弾を起爆すると脅したが、O-66は既に首から下を部分的に修理しており、爆弾を解体していた。O-66はチャに別れを告げ、<シミター>を操縦して去っていった。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。