Fandom


類似した名称の記事はレックス(曖昧さ回避)を参照
「知覚生物の皆様、離陸に備えてください」
―RX-24[出典]

R-3X、通称レックス(Rex)は[4]、もともとRX-24という名前で知られていたRXシリーズ・パイロット・ドロイドである。インダストリアル・オートマトン社によって製造されたRX-24は、ガレル・インターステラー・エクスカージョンズ社のスタッフとして[1]アウター・リム惑星ロザルガレルの間を行き来する定期便スター・コミューター・シャトルST-45操縦士を務めていた。5 BBYロザルの反乱者たち銀河帝国から武器を盗む計画のためにRX-24のシャトルを利用した。航行中、反乱者の乗客は船内におけるドロイドの居場所について抗議した。RX-24は抗議を受け入れ、ドロイドたちに船の後方へ移動するよう指示した。[3]

RX-24はスター・ツアーズ社の一員として、スタースピーダー3000を操縦していたこともあった。[4] やがてこのパイロット・ドロイドは惑星バトゥーに不時着し、ムボによってドロイド・デポDJとして再プログラムされた。R-3Xと名前も変わったこのドロイドは、ムボからオーガ・ガラに売り飛ばされ、ブラック・スパイア・アウトポストにあるオーガのカンティーナで“DJレックス”として働くことになった。[6]

登場エピソード

RX-24 Droids in Distress

RX-24

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。