Fandom


「あの手のアストロ・ドロイドというのは全く手に負えません。この私ですら、ときどき彼らの論理が理解できなくなります」
C-3PO[出典]

R2シリーズ・アストロメク・ドロイド(R2 series astromech droid)、別名R2ユニット(R2 unit)は、インダストリアル・オートマトン社が製造した高い人気を誇るアストロメク・ドロイドのシリーズである。彼らは身長およそ1メートルで、様々な役割をこなすようプログラムされていた。R2ユニットはスターファイターのソケットに収容されてパイロットの補佐を務めることが多々あった。ナブー王室ジェダイ共和国再建のための同盟に仕えたR2-D2が有名。

特徴

概要

「R2シリーズは、販売後の改造が多いことで有名だ」
クルレエキ[出典]

R2シリーズ・アストロメク・ドロイドはインダストリアル・オートマトン社が製造した[1] Rシリーズアストロメク・ドロイドの一種であり[2]、クラス最高峰の呼び名に恥じない、自立型の整備および修理ドロイドである。[6] ほぼ万能の機能を持つこのドロイドは、通常はスターシップの維持と修理、およびそれに関わる関連テクノロジーに使用された。[12] 全高は1.09メートル[5]第2級ドロイドに分類され[4]、回転式ドーム型頭部と、樽状のボディ、モーターで進む2本のと、胴体部分に格納可能な第3の脚を備える。[7]

各部特徴

頭部

R2シリーズ・アストロメク・ドロイドの頭部はデュラロイ製の回転式ドームであり、各種センサーホロプロジェクターなどが搭載されていた。正面中央にはい主要フォトレセプターおよびレーダー・アイが配置され、その下にさまざまな色に光るプロセッサー状態インジケーターがあった。その左隣には、ケルナー社製のオプティカル・ホログラム・プロジェクター、右隣にはロジック機能ディスプレーが搭載されていた。頭頂部には拡張予備ビジュアル・イメージング・システムが内蔵され、それを取り囲むように、伸縮センサーを収容するための区画が並んでいた。また、頭部の真後ろと、頭頂部付近左側に予備のホロプロジェクターを装備していた。頭部後方の右側には横に広い長方形の発行診断ディスプレーが設置されていた。[6]

胴部

R2ユニットの胴体はデュラスチール製の筐体であり、さまざまなメンテナンス用の機能が内蔵されていた。[6]

脚部

用途

歴史

登場エピソード

R2-BHD ROUSE

R2-BHD

参考資料

R2D2SWE

R2-D2

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。