Fandom


R3-A3惑星マイカポで活動する反乱分子、アイアン戦隊に所属していたR3シリーズ・アストロメク・ドロイド。彼は宇宙船サトーズ・ハンマー>のメンテナンスを任されており、船のシステムを自分に合わせてカスタマイズしていた。2 BBY、惑星上空で銀河帝国のパトロール部隊と衝突した後、R3-A3とアイアン戦隊はスペクターズフェニックス戦隊と接触する。反乱者エズラ・ブリッジャーサビーヌ・レンの警告に従い、R3とグーティ・テレズジョナー・ジンはマイカポからの撤退を決意するが、リーダーであるマート・マティンは1人残って戦い続けた。その後、反乱者たちはマートを救うためマイカポに戻り、R3はアストロメク・ドロイドチョッパーとともにリーダー救出に貢献する。

経歴

アイアン戦隊のドロイド

帝国時代、R3-A3は惑星マイカポに拠点を置くアイアン戦隊という名の反乱分子に所属していた。彼は仲間のマート・マティン船長グーティ・テレズジョナー・ジンとともにYT-2400軽貨物船サトーズ・ハンマー>に乗り込み、のメンテナンス係を任されていた。アイアン戦隊のリーダーを務めるマートの父親銀河帝国との戦いで命を落とした後、<サトーズ・ハンマー>のクルーは他の反乱分子との接触を断ち、マートのおじで、フェニックス戦隊の指導者であるコマンダージュン・サトーとも音信不通になる。しかし、彼らはその後もマイカポ星系唯一の反乱グループとして独自に戦いを続けていた。

マイカポからの撤退

Sabine Chopper R3

ハイパードライブを修理するR3-A3と反乱者たち

2 BBY、アイアン戦隊はマイカポ上空で帝国軍の先遣パトロール隊と衝突する。<サトーズ・ハンマー>はハイパードライブに損傷を負ったが、アイアン戦隊はスペクターズフェニックス戦隊の助けを借りて敵を撃破し、爆弾を積んだ貨物コンテナを投下してゴザンティ級クルーザーを破壊した。その後、<ハンマー>はロザルの反乱者たちの宇宙船<ゴースト>とドッキングし、フェニックス・リーダーヘラ・シンドゥーラらを船内に迎え入れた。反乱者たちはハイパードライブを修理中のR3-A3を発見し、助力を申し出たが、R3は修理に手を出そうとした反乱者のアストロメク・ドロイドチョッパーと喧嘩になる。グーティとエズラ・ブリッジャードロイドのあいだに割って入り、なんとか喧嘩を収めた。その後ヘラはアイアン戦隊のメンバー全員と対面したが、彼らは反乱軍本隊との合流を拒否し、マイカポ星系に留まるつもりだと主張した。

エズラとヘラがマートを説得しようとするあいだ、R3-A3は反乱者のサビーヌ・レンとチョッパーがハイパードライブ修理を手伝うのを許可した。彼らはなんとかハイパードライブの機能を回復させたが、マートが船のパワーをレーザー砲偏向シールドに回したことで、せっかくの努力が無駄になってしまう。カシウス・コンスタンチン提督率いる帝国軍の増援部隊が星系に出現すると、R3-A3、グーティ、ジョナーはエズラやサビーヌの説得に心を動かされ、反乱者たちのシーシピード級シャトルファントムII>に乗ってマイカポを離れる決意を固めた。しかし、マートは全員が<ファントムII>に乗り終わった後に船のドッキングを解き、1人で<サトーズ・ハンマー>に残った。彼はコンスタンチンの帝国軍軽クルーザーと戦ったが、エンジンが機能停止し、身動きが取れなくなってしまう。R3-A3と反乱者たちは引き返すこともできず、<ファントムII>でハイパースペースに逃げ去った。

Chopper and R3-A3

マグノ=マインを除去するR3とチョッパー

その後、ロザルの反乱者たちとアイアン戦隊はマートを救うためマイカポ星系に戻るという危険を冒した。コンスタンチンが<サトーズ・ハンマー>の船体にマグノ=マインを取り付けたことを知ったヘラは、R3-A3とチョッパーに機雷の除去任務を与え、宇宙船<ゴースト>の貨物ベイから2体のドロイドを宇宙空間へ放った。その際、R3はベイから飛び降りるのを躊躇したが、チョッパーに蹴飛ばされて船外へ放り出された。彼らはロケット・ブースターを使って<ハンマー>に辿り着き、2体で協力してマグノ=マインの磁気フィールドを解除する。取り外した機雷を<ハンマー>の貨物コンテナに取り付け直した後、ドロイドたちはマートのいるコックピットに入った。

R3-A3がリーダーと再会した直後、コマンダー・サトー率いる援軍がマイカポ星系に到着し、コンスタンチン提督に攻撃を開始した。<ゴースト>とドッキングした<サトーズ・ハンマー>は機雷付きの貨物コンテナをコンスタンチンの軽クルーザーに向けて投下し、戦いの流れを逆転させる。スローン大提督インペリアルI級スター・デストロイヤーキメラ>も戦場に駆け付けたが、反乱軍艦隊は甚大な損傷を負って煙を上げる軽クルーザーを尻目にハイパースペースへ逃げ込んだ。その後、R3は惑星アトロンにあるチョッパー基地で他の仲間たちと再会する。R3はマートがおじのジュン・サトーやジョナー、グーティたちと抱擁を交わすのを見守った。

個性と特徴

宇宙船<サトーズ・ハンマー>のメンテナンスを任されていたR3-A3は、気分屋で縄張り意識の強いアストロメク・ドロイドだった。当初、R3はハイパードライブの修理を手伝おうとするチョッパーの好意をはねのけたが、アストロメク・ドロイド同士すぐに強い絆を築き、2体による共同作業で船の修理やマグノ=マインの除去を成功させた。R3-A3は円錐型の頭部を持ち、ロケット・ブースターを装備していた。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。