Fandom


SS-54アサルト・シップ(SS-54 assault ship)はボタジェフ造船所が製造したガンシップ銀河共和国末期や帝国時代に使用された。銀河帝国はこの型の宇宙船を誤って「軽貨物船」に分類していたが、帝国特有の官僚主義に縛られ、その間違いを正そうとしなかった。

歴史

クローン戦争中、ザブラク賞金稼ぎスギは<ヘイロー>という名のSS-54アサルト・シップを所有していた。ウーキーターフル将軍から仕事を依頼された時、スギはセリパスと共に<ヘイロー>を操縦し、船室にウーキーの戦士たちを乗せて衛星ワスカーへ向かった。その後、この船は彼女の姪ジャス・エマリの所有物となった。

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。