この記事はカイロ・レンのTIEウィスパーを扱っています。お探しの記事は標準モデルかもしれません。

TIE/wi改造型インターセプター(TIE/wi modified interceptor)、通称TIEウィスパー(TIE whisper)はファースト・オーダー最高指導者カイロ・レンのために設計されたTIEシリーズスターファイターである。標準的なTIEウィスパー・スターファイターよりも火力とスピード、射程距離に優れていた。

特徴

カイロ・レンのTIEウィスパー

TIE/wi改造型インターセプターは、ファースト・オーダー最高指導者カイロ・レンの正確な仕様通りに設計されたスターファイターである。そのため本機は標準モデルのTIEウィスパー・スターファイターよりも優れたスピードと射程距離、火力を有していた。サイナー=ジェイマス・フリート・システムズ社によって製造されたTIEウィスパーは、他のTIEシリーズスターシップと同様にツイン・イオン・エンジンを搭載し、翼がソーラー・コレクターになっていた。また翼の形状は、カイロが以前に搭乗したTIE/vn制宙戦闘機とよく似ていた。TIEウィスパーは翼端に計4門のレーザー砲を搭載し、さらに翼の主要ソーラー・コレクターに挟まれた中央部にも重砲、そしてマグ=パルスおよび重レーザーの砲塔を機体下部に備えていた。ボール型のコックピットには赤いデザインが追加され、後方にはアンテナが備え付けられていた。またこのTIEウィスパーにはセンサー撹乱テクノロジーも搭載されており、ある程度のステルス能力を有した。[1]

歴史

火力を追い求めるカイロ・レンは、ファースト・オーダーのスターファイター・エンジニアによって作り出された最新鋭のデザインであるTIEウィスパーの専用機に搭乗した。[3] 35 ABY、カイロはこのスターファイターにシス・ウェイファインダーを取り付け、銀河皇帝シーヴ・パルパティーンの拠点である惑星エクセゴルにたどり着いた。エクセゴルに隠されていたシス・エターナル大艦隊を目の当たりにし、パルパティーンからジェダイレイを殺すよう命じられたカイロは、TIEウィスパーでパサーナへ旅した。カイロはTIEに乗り込んだままレイに向かって突進したが、レイは跳躍して衝突を回避しながらライトセーバーで機体を傷つけ、墜落させることに成功した。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

ファースト・オーダー
主な人物 最高指導者スノーク - カイロ・レン - アーミテイジ・ハックス将軍 - キャプテンファズマ
組織 最高司令部 - ファースト・オーダー保安局 - エリート・プレトリアン・ガード - レン騎士団 - アテンダンツ
軍隊 宇宙軍ファースト・オーダーTIEファイター・パイロット - スターキラー空中防衛部隊 - カイロ・レンの中隊
地上軍ストームトルーパースノートルーパー - フレイムトルーパー - 暴動鎮圧ストームトルーパー - メガブラスター重アサルト・トルーパー - エクセキューショナー - エレクトロプロッド・トルーパー - ガンナー - ロケット・トルーパー
主な乗り物 AAL - AT-AT - AT-ST - AT-M6 - AT-MA - AT-PD - LIUV - UA-TT - トレッドスピーダー - TIE/es - TIE/fo - TIE/sf - TIE/vn - TIEウィスパー (改造型) - マンデイターIV級シージ・ドレッドノート - メガ級スター・ドレッドノート - ユプシロン級コマンド・シャトル - リサージェント級スター・デストロイヤー
関連項目 スターキラー基地 - リザレクション計画 - 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。