Fandom


TZ-33クローン戦争期に独立星系連合ドロイド軍に仕えたTシリーズ・タクティカル・ドロイドの識別番号。惑星フェルーシア分離主義勢力前哨基地に配属され、グリーヴァス将軍が送り込んだ増援部隊の指揮を執った。ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカープロ・クーンパダワンアソーカ・タノが前哨基地を襲撃した時、TZ-33は防衛を試みたがあえなく失敗し、スカイウォーカーに破壊された。

経歴

Tシリーズ・タクティカル・ドロイドのTZ-33はバクトイド・コンバット・オートマタ社によって製造され、独立星系連合バトル・ドロイド軍団に加わった。クローン戦争中、TZ-33は銀河共和国との戦いでドロイドの兵士を指揮し、共和国と連合軍の長期戦が続く惑星フェルーシア分離主義勢力前哨基地に配属された。ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノ共和国グランド・アーミーの戦車部隊を率いてフェルーシアにやって来たことを知ったグリーヴァス将軍は、フェルーシア星系の支配権を維持するため、TZ-33の前哨基地に増援部隊を満載したC-9979着陸船を回した。

TZ-33 death

TZ-33の最期

TZ-33が増援部隊の配備を監督していた時、ジェダイと共和国地上部隊は既に前哨基地の周辺まで迫っていた。ジェダイとクローン・トルーパーは3つの部隊に分かれて前哨基地を取り囲み、全地形対応戦術攻撃兵器マス=ドライバー砲を合図に奇襲作戦を開始した。前哨基地のドロイドはAT-TEが近くの峰に現れたことに気づいたが、防衛手段を講じる暇もなく砲撃が始まり、基地は爆炎に包まれた。TZ-33は遠距離砲撃に対処するためB1バトル・ドロイドDSD1ドワーフ・スパイダー・ドロイドを正面ゲートから送り出したが、スカイウォーカー将軍率いるクローン部隊が彼らを待ち伏せし、前哨基地内になだれ込んだ。また、ジェダイ・マスタープロ・クーン率いる第2隊、コマンダー・タノ率いる第3隊はそれぞれジェットパックアセンション・ケーブルを用いて基地の防壁を乗り越え、スカイウォーカー隊に加勢した。前哨基地はあっという間に制圧され、TZ-33もボディガードBXシリーズ・ドロイド・コマンドーを失い、スカイウォーカーのライトセーバーで真っ二つに切断された。

特徴

TZ-33は男性プログラムのTシリーズ・タクティカル・ドロイドで、頭部のセンサーは白く発光し、ボディは黄色と白で塗装されていた。フェルーシアの前哨基地を指揮していた時、TZ-33は武器を1つも携帯しておらず、スカイウォーカーにあっけなく切り倒されてしまった。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。