Fandom


V-35クーリエ(V-35 Courier)、あるいはV-35ランドスピーダー(V-35 landspeeder)はソロスーブ社が製造した安価なランドスピーダーである。銀河帝国誕生から15年が過ぎた当時、V-35は時代遅れの機種になっていたが、ロザルを始めとするアウター・リム・テリトリー惑星で一般的に使用されていた。

特徴

V-35クーリエはソロスーブ社が製造したランドスピーダーだった。コックピットはオープン・タイプの1人乗りで、機首は鋭くとがっており、リパルサーリフト・スラスター3基は機体後部の上に設置されていた。またV-35は大きな樽型の動力源を持っていた。

歴史

ソロスーブ社が開発したV-35クーリエは安価なランドスピーダーとしてアウター・リム・テリトリーの星々に普及していた。銀河帝国の時代、V-35は既に時代遅れの機種になっていたが、ロザルではごく一般的に使用されていた。また、惑星タトゥイーンオーウェンベルー・ラーズ夫妻の水分抽出農場にもV-35クーリエが駐機されていた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。