FANDOM


WLO-5スピーダー・タンク(WLO-5 speeder tank)、別名WLO-5バトル・タンク(WLO-5 battle tank)はユブリキアン・オード・ペドロヴィア社が製造したリパルサークラフトである。クローン戦争中、ウィークウェイ海賊ホンドー・オナカー率いるギャングたちがこのタンクを使っていた。WLO-5スピーダー・タンクは銀河系の裏社会で頻繁に使用され、犯罪者たちがライバルから拠点を守ったり、敵の弱みを襲撃する際に用いていた。

特徴

ユブリキアン・オード・ペドロヴィア社が製造したWLO-5スピーダー・タンクは[1]、全長11.47メートル[2]リパルサーリフトタンクである。[1] WLO-5バトル・タンクという呼び名でも知られた。[5] WLO-5は機体後部に2基のタービン・エンジンを搭載し、最高速度は速110キロメートルに達した。機体は装甲プレートに覆われ、前部にリパルサーの冷却口があり、両側にステアリング用のベーンが設けられていた。WLO-5は機体上部に砲手が操作するレーザー砲を1基、また機体前部に対人用のブラスターを2基搭載した。タンクの中にはパイロットと兵士たちが入るのに充分な空間があった。[1]

役割

WLO-5スピーダー・タンクは銀河系の無法地帯で頻繁に使用され、主に犯罪者[1] 海賊[4] が自分たちの拠点をライバルやその他の敵対者から防衛するのに使っていた。[1]

歴史

クローン戦争の時代、キャプテンホンドー・オナカー率いるウィークウェイの海賊団、オナカー・ギャングがWLO-5スピーダー・タンクを使用していた。[1] 22 BBY、オナカー・ギャングのWLO-5タンク3機が銀河共和国との小競り合いで破壊された。[4] また、21 BBYにオナカー・ギャングがフェルーシアンの農民からの搾取を試みた際、農民が雇った賞金稼ぎジェダイとの戦闘でタンク1機が使用された。[6]

登場エピソード

WLO-5 speeder tanks

WLO-5スピーダー・タンク

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。