Fandom


「これを見てよ。XP-38が出たから人気がなくなったんだ」
ルーク・スカイウォーカー[出典]

XP-38ランドスピーダー(XP-38 Landspeeder)はX-34ランドスピーダーの後継機種として発売された地上用ビークルである。

歴史

XP-38ランドスピーダーX-34の後継機種として、ヤヴィンの戦いの直前に販売開始された。XP-38はX-34よりもスポーティーな地上用ビークルであり、民間と軍事の両方で利用された。X-34と比べて特に大きな改良点は無かったにも関わらず、このモデルが新発売されたことでX-34の中古価格は大きく下落することになった。旧型機との違いは外見に集中しており、XP-38はエンジンが3つで、より滑らかで空気力学的なデザインになっており、コックピットはオープンではなく密閉されていた。[2]

0 BBY[3]惑星タトゥイーンに住む水分農夫ルーク・スカイウォーカーは、<ミレニアム・ファルコン>のハン・ソロ船長に支払う運賃を工面するため、X-34ランドスピーダーを売り払うことになった。[1] しかしスペースポート・スピーダーズ[4] の販売員であるワイオスリーはXP-38が発売されたばかりであることを理由に低い買取価格をルークに突きつけた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。