Fandom


「我々は軌道爆撃用に特別設計された戦艦にいます。XX-9砲を数発撃つだけで、どんなに海深く隠れていようが、あのクジラどもを丸焼きにできる。なぜ幾重もの複雑な作戦を立てるのです?」
ダック・シティの戦いが始まる前、バーゴン大佐[出典]

XX-9重ターボレーザー(XX-9 heavy turbolaser)はテイム&バック社が製造した対艦用ターボレーザー砲塔。銀河帝国インペリアルI級スター・デストロイヤーデス・スターバトル・ステーションに搭載されていた。

特徴

テイム&バック社製XX-9重ターボレーザーは四角いベースに装着された2連砲塔だった。デス・スターのXX-9重ターボレーザーは4つのセクションに分割され、上段はターボレーザー砲塔、2段目はエネルギー蓄積用コンデンサー・バンク、3段目はサポート用クルーとメンテナンス・ステーション、最下段は砲術ステーションと制御コンピューターになっていた。

歴史

「反乱軍は30機です、ヴェイダー卿。しかし小さすぎてターボレーザー砲では狙えません」
ヤヴィンの戦いのさなか、ダース・ヴェイダーに報告を行うタンブリス中尉[出典]

XX-9重ターボレーザーはテイム&バック社によって製造され、銀河帝国インペリアルI級スター・デストロイヤーやデス・スター・バトル・ステーションに搭載された。反乱同盟軍ヤヴィンの戦いで小型スターファイターを使ってデス・スターを攻撃したが、XX-9重ターボレーザーは小さな標的との戦いに適しておらず、ダース・ヴェイダー率いるTIE/ln制宙スターファイター部隊が出撃することになった。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。