YC-123B輸送ホーラー(YC-123B transport hauler)はコレリアン・エンジニアリング社が製造した輸送船の船種である。パイロット2名によって運用可能で、120人の乗客を運ぶことができた。レジスタンスエクセゴルの戦いで使用した兵員輸送船フォーティチュード>がこの船種。

特徴

コレリアン・エンジニアリング社(CEC)が製造したYC-123B輸送ホーラーは、全長26.82メートル(88フィート)、全高7.01メートル(23フィート)の輸送船である。パイロット2名によって運用可能で、コックピット・モジュールは船体前方の上部に設けられていた。平べったい船体には120名もの人員を収容可能であり、コックピット下の正面部分がドロップダウン式の着陸扉になっていた。YC-123B輸送ホーラーはCEC社製のFP-35前部重レーザー砲2門と、同じくCEC社製のAG-3M 3連レーザー砲塔で武装し、船体後部にCEC-3900hhイオン・エンジンがずらりと配列されていた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。