Wookieepedia
Advertisement

YTシリーズ(YT-series)はコレリアン・エンジニアリング社が生産した貨物船輸送船のシリーズである。YGシリーズに代わって登場した。円盤型の船体と、多くのモジュラー・オプションを備え、改造が容易であることが、YTシリーズ機全体の特徴である。

歴史

コレリアン・エンジニアリング社(CEC)はYGシリーズバーロッツ級貨物船の代替品として、YT-1000輸送船をリリースした。しかし顧客はより多くのモジュラー・オプションを持つ大型船を希望していたため、CECはYT-1000の生産数を制限した。その後生産されたYT-1200YT-1210輸送船の売上は振るわなかったが、これらの機体には新しく側面マウント型コックピットという方式が導入されていた。この特徴を引き継いで開発されたのがYT-1300軽貨物船である。YT-1300のヒットによって、1200と1210型の在庫が大量に余ったが、CECはこれらの機体をアップグレードして造ったYT-1250輸送船を“新発売”した。[1]

スペックの一覧

モデル 全長 ドライブ等級 積載力 乗員 乗客 新品価格 中古価格
YT-1000 28 M 3 (予備:16) 75 MT 2 4 85,000 20,000
YT-1250 32.25 M 2 (予備:16) 80 MT 2 5 120,000 30,000
YT-1300p 34.75 M 2 (予備:12) 25 MT 2 9-15 100,000 25,000
YT-1300f 34.75 M 2 (予備:12) 100 MT 2 6 100,000 25,000
YT-1300fp 34.75 M 2 (予備:12) 100 MT 2 6 100,000 25,000
YT-1760 26.5 M 1 (予備:15) 10 MT 1-2 8 80,000 20,000
YT-1930 36.8 M 2 (予備:12) 200 MT 2 6 135,000 62,000
YT-2000 29.4 M 2 (予備:12) 115 MT 4 7 150,000 45,000
YT-2400 18.65 M 2 (予備:12) 150 MT 3 6 130,000 32,000

参考資料

脚注

Advertisement