Fandom


「何だよ、がらくたの塊じゃないか!」
ルーク・スカイウォーカー[出典]

YT-1300軽貨物船(YT-1300 light freighter)、別名YT-1300コレリアン貨物船(YT-1300 Corellian freighter)はコレリアン・エンジニアリング社が製造したYTシリーズ貨物船である。従来のYTタイプと同じく円盤型の船体を持ち、顧客の好みによって簡単に改造ができるモジュラー構造になっていた。コレリアン・エンジニアリング社は、YT-1300は改造オプションを使えば1つ1つがユニークな機体になると宣伝し、工場出荷前に顧客の好みに合わせた装備を施しているため、YT-1300の“基本モデル”なるものは存在しないと公言していた。しかし販売当初の仕様は主に貨物用のYT-1300fと旅客用のYT-1300pの2種類に集約されていた。この貨物船は人気商品となり、のちにバランスの取れたYT-1300fp仕様もリリースされた。反乱同盟の英雄であるハン・ソロが所有した<ミレニアム・ファルコン>が有名。

特徴

「この船はなかなかのものだが、YT-1300貨物船は2400に比べて故障は1.22倍多いんだ」
ラルシウス・パルドラ[出典]
MF Sublight Engine BF

YT-1300のワイド・バー型エンジン

YT-1300軽貨物船は、コレリアン・エンジニアリング社(CEC)が開発したYTシリーズ軽貨物船である。CECが製造したあらゆる輸送船の中でも、YT-1300は特に「手頃な値段、高い耐久性、改造が容易」という設計コンセプトを忠実に体現した船種だった。多くのモジュラー・オプションが提供されているのが特徴で、CECは改造オプションを使えばYT-1300は1機1機すべて異なった機体になると宣伝していた。工場出荷前の段階でそれぞれの顧客の要望に沿った改装を行うことにしていたため、CECは完全に同じ仕様のYT-1300は1つとして存在しないと強調していた。[2]

しかし当初の生産計画では、YT-1300のモデルは貨物運送(Freight)に特化したYT-1300f型と、旅客(Passenger)に特化したYT-1300p型の2種類におおむね集約されていた。どちらもYTシリーズの大半の機体に共通するトレードマークの皿型船殻を持ち、船首は突き出でた顎のような“マンディブル”になっており、コックピットは右舷マウント型で、標準装備としてレーザー砲1基を有した。内部の動力装置はクワデックス社パワー・コアで、クラス2.0のCEC製アバター10ハイパードライブを搭載し、クラス12のバックアップ・ハイパードライブも装備していた。またf型p型ともに全長は34.75メートルで、大気圏内での最高速は800キロメートル(500マイル)、偏向シールド発生装置ナビコンピューターを搭載し、2名の乗組員によって運用された。[2]

f型もp型も、船体上面と下面を移動するためのパッセージ・チューブが中央に設けられていた。チューブには備え付けの梯子があり、両端にはトランスパリスチール製の窓が設けられていた。宣伝時にはこの窓が“観測デッキ”と銘打たれ、船の上下の面から広い景観を望むことができた。また船に重力補正機が組み込まれていたため、搭乗者は上面の窓から下面の窓に移動しても方向感覚を失うこと無く自由に闊歩することができた。[2]

銀河帝国の統計技官ラルシウス・パルドラによれば、YT-1300はYT-2400と比べて故障が1.22倍多いという。[6]

主な仕様

YT-1300f

Blue Glass Arrow 詳細はYT-1300f輸送船を参照

貨物用の仕様であるYT-1300fは、クルーの宿泊設備を最もベーシックなものにとどめ、そのぶん多くの貨物モジュールを持たせていた。マンディブルの先端には強力な工業用荷役アームとトラクター・ビーム発生装置が内蔵され、船首の中心部が貨物ローディング・ルームになっており、両側の貨物室へ通じるハッチが向かい合って配置されていた。YT-1300fの積載容量は100メトリック・トンを誇り、6人の乗客を運ぶことができた。[2]

YT-1300p

Blue Glass Arrow 詳細はYT-1300p輸送船を参照

旅客用の仕様であるYT-1300pは、内装の貨物スペースを最小限にとどめ、代わりに乗客用のキャビン・モジュールを3つ備えていた。貨物用スペースは1室だけで、各乗客用キャビンには寝台が3つ、小型リフレッシャー、収納庫が用意されていた。またコンバージョン・キットを使えば、二段ベッドに変更したり、キャビン1つにつき寝台5つにすることも可能だった。YT-1300pは9~15人の乗客を運ぶことができるが、貨物の積載容量は25メトリック・トンに抑えられていた。[2]

YT-1300fp

Blue Glass Arrow 詳細はYT-1300fp輸送船を参照

YT-1300のf型とp型は人気商品となったが、貨物と旅客のバランスがとれたカスタマイズを施す顧客が多くいたため、CECは両者のバランスがとれた3つ目の仕様YT-1300fpをリリースした。fp型は広い主船倉が1つ、調理室付きの小さなラウンジが1つあり、搭乗タラップや各種貨物積載装置はf型のものを、乗員用居住用モジュールはp型のものを流用していた。この新仕様が大ヒットしたため、CECの公式見解に反し、fp型がYT-1300の“基本仕様”と一般に認識されるようになった。[2]

各種オプション

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。