FANDOM


YV-865オーロラ級貨物船(YV-865 Aurore-class freighter)、別名ザイゲリアン奴隷船(Zygerrian slave ship)は2基の巨大スラスター・エンジンを搭載した極めて耐久力の高い貨物輸送船である。ザイゲリアン奴隷運搬船として用いたことで知られる。

特徴

オーロラ級貨物船は巨大な箱型の宇宙船である。船体中央部に操縦室や貨物室があり、パイロット1名で運用することができた。貨物室は巨大なブリクサスや大勢の奴隷を積み込むのに十分な広さがあった。関節式の翼に取り付けられた巨大スラスター・エンジンクローン戦争当時には既に時代遅れと見なされていたが、強力な出力を誇った。着陸時、オーロラ級貨物船の翼は縦方向に折りたたまれた。

歴史

クローン戦争中、オーロラ級貨物船はザイゲリアン奴隷帝国の奴隷輸送船として用いられた。ザイゲリアンの奴隷商人であるダーツ・ドナーは<テコラ>という船名の赤茶色のザイゲリアン奴隷船を所有していた。また、奴隷帝国に捕まったオビ=ワン・ケノービCT-7567ロシュティは奴隷船<スパータン>で惑星カダーヴォの施設へ運ばれた。

オーロラ級貨物船はザイゲリアン奴隷帝国以外にも普及しており、銀河系各地で汎用貨物船として用いられていた。インターギャラクティック銀行グループもこの貨物船を所有し、サイブロック移送ステーションで使用していた。ダグプレイゴもサーカス用に改造したオーロラ級貨物船を所有していた。

帝国時代マイニング・ギルドはオーロラ級貨物船を使って支配領域をパトロールしていた。2 BBY、ギルドのオーロラ級貨物船とTIEファイターセリーダ中継点反乱者たちスターファイターファントム>を発見したが、逃亡を許してしまった。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。